日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)

3.62
  • (24)
  • (18)
  • (44)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 300
レビュー : 33
著者 :
cladegifanさん ミステリー   読み終わった 

小栗の代表作 黒死館殺人事件と、デビュー作の 完全犯罪を収録した文庫。中学生の時、ハヤカワ版の黒死館を古書店で入手したのが、小栗とのファーストコンタクト。その後、桃源社版の全集を購入したりと一時、どっぷり嵌まっていた。ちなみに、青空文庫でも読めますが、用語の検索用にはともかく、出来れば、旧字体で書かれた書籍で読まれることをお勧めします。
とにかく、圧倒的なのはそのペダンティズムで、今回再々入手したのは、彼のペダントリーの正体を探るため。既に、用語を調べてブログに連載されている方もいるが、彼のペダントリーのどこが本物で、どこが偽物なのか、それと出来れば出所を調べてみたいと思っている。

レビュー投稿日
2012年1月31日
読了日
2012年1月31日
本棚登録日
2012年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創...』のレビューをもっとみる

『日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする