あいうえおの本 (安野光雅の絵本)

著者 :
  • 福音館書店 (1976年2月20日発売)
4.11
  • (105)
  • (66)
  • (56)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1403
感想 : 83
4

左のページには、「あいうえお」の文字が一文字ずつ、右のページには、その音で始まる絵が描いてある。いわゆる子供向けの「あいうえおの本」。

この本は、大工の手仕事や、日本の古くからあるモチーフの回顧が意識されているのだが、そもそも本の発刊が1976年ということもあり、二重のタイムラグでさすがに絵のチョイスが古い感じは否めない。紙の切符、ソロバン、筆、果ては、周り燈籠(これは自分も調べてしまった)、、なんて、今の子供達の身の回りでは、見つけるのも困難になってきている。そういう意味では、少し時代とずれてきてしまっている。

にもかかわらずとても魅力的なのは、安野光雅さんの心遣いというか、本人も楽しんで描いたのが伝わるような1ページ1ページの絵柄たちだ。

「あんパン」の横には「アリ」が歩いていたり、「おかめ」と「おに」の「お面」が並んでいたり、「みかん」が「みこし」に乗っていたり。。

さらにその絵柄の周りに唐草文様のような装飾があるのだが、よく見るとこれが全ページ違っていて、やはりそのページの頭文字で始まるモチーフが重なり合って出来ている。。たとえば「に」のページは、「人魚、にんにく、にら、にんじん、にしきぎ、にしん」といった具合で、大人でもぱっと見では分からないものも多い。子供と一緒になって大人も絵探しができる、というかむしろそっちがメインかもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年8月28日
読了日 : 2021年7月29日
本棚登録日 : 2020年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 2件

淳水堂さんのコメント
2021/08/28

clloudthickさん
こんにちは。
この本とても好きです!
「さ」の「さんりんしゃ で さかだち する さる」とか、
家や文字の絵が騙し絵になっていてみていて飽きません。
繊細で丁寧で遊び心溢れた素敵な本ですよね。

clloudthickさんのコメント
2021/08/30

淳水堂さん
こんにちは!
淳水堂さんもお好きなんですね!

そう、絵本は子供が楽しんでも大人は退屈したり、大人がいいと思っても子供にはつまらなかったり、難しいなと思うことがあります。この本は、まさに飽きさせない心配りなんだなと思いました。

あとは子供がハマってくれれば、、と思っています笑

ツイートする