国家の社会学

著者 :
  • 青弓社 (2014年12月24日発売)
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 5

ウェーバーを出発点とした「国家」の社会学。扱っているテーマは幅広く押さえられており、講義の教科書としても活用できる。各章には読書案内がつけられており、原典を読みたいと思えるほど「国家」を社会学することの面白さが伝わってくる。ジェンダーの観点から「国家」にアプローチする研究も紹介されているものの不十分な印象を受けた。「国家論」「ナショナリズム」という用語は使っていなくても「国家」を論じた研究はもっと存在するのではないだろうか。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 社会学
感想投稿日 : 2018年6月17日
読了日 : 2018年6月17日
本棚登録日 : 2018年6月17日

みんなの感想をみる

ツイートする