わたしたちが沈黙させられるいくつかの問い

  • 左右社 (2021年1月29日発売)
3.75
  • (9)
  • (10)
  • (11)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 515
感想 : 18

『説教したがる男たち』の続編として書かれた本書。沈黙をめぐる議論は元にしている事件や事実が悲惨なこともあって読んでいてしんどくなることもあったが、ソルニットならではの鋭さに満ち溢れていて流石だなと思うと同時に、フェミニズムはまだまだ必要だしこれからもっと面白くなるという可能性や希望を感じることができた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセイ
感想投稿日 : 2022年1月17日
読了日 : 2022年1月17日
本棚登録日 : 2022年1月17日

みんなの感想をみる

ツイートする