英文法をこわす 感覚による再構築 (NHKブックス)

3.72
  • (11)
  • (18)
  • (23)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 193
レビュー : 14
著者 :
Tomさん 英語・日本語・言語   読み終わった 

大津由紀雄氏の著書におすすめとして挙がっていたので読んでみた。
記憶が定かでないがおそらくNHKで『ハートで感じる』シリーズを始める前に出版された本。

「thatはthatなのだ」のような「XはX」であり、それ以上でもそれ以下でもないというのが的を射ているなあと思う。
obviousはobviousなのだ。「明らかな」でも「明白な」でもない‥というように。

▼-----以下扱っている項目-----▼
○語彙レベル
-that / so / take / must/have to / over / for / to(to不定詞含む) / 法助動詞 / 「見る」と訳される語の語彙ネットワーク / 前置詞 / 限定詞(総称性含む)

○形式レベル
-5文型 / テンス・アスペクト(-ing(進行)/完了) / 仮定法

レビュー投稿日
2011年2月12日
読了日
2011年2月12日
本棚登録日
2011年2月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『英文法をこわす 感覚による再構築 (NH...』のレビューをもっとみる

大西泰斗の作品一覧

大西泰斗の作品ランキング・新刊情報

ツイートする