水底フェスタ (文春文庫)

3.31
  • (28)
  • (123)
  • (179)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 1344
レビュー : 140
著者 :
okei@読書垢さん 小説   読み終わった 

ある田舎の村に住む高校二年生の広海が、フェスで年上の女性・由貴美に出会うことで、大きく運命が狂い始める。
正直言うと残念だった。
辻村作品の持ち味である、「じわんと来る感動」がどこにも見られず、終始そわそわしっぱなしだった。彼女の作品では珍しく性描写もあったのには少し驚いたが。
何より、登場人物の誰にも感情移入できなかったことが残念。
しかし、こういう田舎でのいざこざや村八分などの話もかけるとは。辻村さんのジャンルは本当に多岐にわたるなー。

レビュー投稿日
2019年1月17日
読了日
2019年1月17日
本棚登録日
2019年1月17日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水底フェスタ (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『水底フェスタ (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする