ペンギン鉄道 なくしもの係

3.64
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
著者 :
okei@読書垢さん 小説   読み終わった 

とある駅に集まる「なくしもの」と、それにまつわる人々の話。短編集。
キーパーソンは、駅員の赤髪の青年、守保。そして、彼が駅で「飼育」しているペンギン。
ペンギンは何故こんなところにいるのか、そして、守保青年は何者なのか。
読み進めていくうちに守保青年の謎が少しずつ明らかになっていく。
ペンギンが可愛くてほっこりして、そして少し切ない。だけど読後感は温かい一冊。

レビュー投稿日
2019年4月2日
読了日
2019年4月2日
本棚登録日
2019年4月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ペンギン鉄道 なくしもの係』のレビューをもっとみる

『ペンギン鉄道 なくしもの係』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする