欠陥住宅物語 (幻冬舎文庫 さ 4-5)

著者 :
  • 幻冬舎 (2005年2月1日発売)
3.03
  • (1)
  • (3)
  • (21)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 9
2

エロ作家の著者が、家を出てから自分の家を買うまでの変遷を回想している。

最後に手に入れた自分の城が欠陥住宅だったら・・・?

そんな大変な思いを、自分の母親や姉妹とのやり取りも軽快に書き記していて面白い。

他人事だから面白いが、一生懸命に調べて買った夢のマイホームがここに書かれているような、欠陥住宅だったとしたら、果たしてどうなってしまうのだろう? と考えただけでぞっとする。

気ままに生きているエロ作家だと自身を揶揄しながら、自由気ままに生きている風を装いながら、実はこの作者非常に慎重でまじめな人なんですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年9月20日
読了日 : 2010年2月10日
本棚登録日 : 2012年9月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする