エンバンメイズ(2) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社 (2015年3月6日発売)
3.70
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 7
3

面白いんだけど、面白いんだけど、なんだろう、何かが決定的に足りてない気がする…ダーツのルールを使って如何に命の駆け引きをやるか、と言うシュミレーションとしては面白いんだけど、登場人物の練り上げ方がテンプレを越えないからなのか。烏丸の過去話も出て来たが、烏丸に感情移入するまでに行かない。こう言う時、ゲーム脳とそうじゃない人間とは面白がるところが違う、って思うよなぁ。シュミレーションの組み合わせの妙を楽しめるゲーム脳が私にはないからなぁ、あと、こう言うのを手放しで面白がれるにはBLと言う「人間のセンシティブな部分、感覚を如何に二次元で表現するか」と言うものを読み込んでいる人間には薄っぺらいんだよな、人物に対する肉付けが。
烏丸の勝負に対する執着、読みが表出する際の「びびびびび」と言う擬音とデフォルメされた悪魔の様な表情には怖さが凝縮されてるが。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 青年漫画
感想投稿日 : 2015年7月10日
読了日 : 2015年7月10日
本棚登録日 : 2015年7月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする