Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)

3.75
  • (69)
  • (46)
  • (126)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 826
レビュー : 27
著者 :
ざじさん 少年漫画   読み終わった 

何回も読み直している筈なのに、凄さを理解しないまま、手塚治虫の代表作だから面白くて当たり前、って思いこんでいることに気付く。これほどエンターティメントとして、短編集の妙技として素晴らしい漫画はない。「鳥たちと野郎ども」の泣かせ、「灰色の館」のホラー、「ネコと庄造と」の人情味、「ふたりのピノコ」の切なさ、「不発弾」の人間が抱く復讐心の怖さ、ミステリあり、大衆演劇的なものあり、動物ものあり、とこんなにバラエティに富んでいるのにBJの揺らぎのなさ。素晴らしい。

レビュー投稿日
2015年1月8日
読了日
2015年1月8日
本棚登録日
2015年1月6日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Black Jack―The best ...』のレビューをもっとみる

『Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)』にざじさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする