二十一の短編 ハヤカワepi文庫

  • 早川書房 (2005年6月9日発売)
3.27
  • (5)
  • (7)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 187
感想 : 14
4

第一次世界大戦、世界恐慌、第二次世界大戦。
そんな時代を生きた市井の人々(子供も若者も老人も)の悲劇、あるいは喜劇が21編。

『廃物破壊者たち』『ばかしあい』『田舎へドライブ』あたりがお気に入りです。

各編の冒頭には担当した訳者のコメントが付いており、作品の導入になっているばかりでなく、読み終えた後にも余韻を与えます。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2010年9月20日
読了日 : -
本棚登録日 : 2010年9月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする