夜よりも大きい (真夜中BOOKS)

3.63
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
著者 :
marikoさん 小説   読み終わった 

時代も国籍も不確かな10の短編集。
タイトルすら与えられず、読み進めなければならない。
まるで暗闇の中を手探りで進むように。

「夜よりも大きい」のは何なのか。

耳について離れないラジオの砂嵐。
人々を柵の向こう側へと駆り立てるもの。
あるいは城壁の向こう側へと連れ去るもの。
貧困、戦争、疫病・・・?
いや、本当のところそれらのものは存在するのだろうか?
得体の知れないものに対する漠然とした恐怖と不安は、その相手が目に見えないがゆえに膨張していく。
気がついた時には世界のすみずみまでを覆い尽くしている。

子どもの方が夜と仲が良いということ思い出した。
子どもの心を抱えて今日も眠る。

レビュー投稿日
2010年11月29日
読了日
2010年11月25日
本棚登録日
2010年11月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜よりも大きい (真夜中BOOKS)』のレビューをもっとみる

『夜よりも大きい (真夜中BOOKS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『夜よりも大きい (真夜中BOOKS)』にmarikoさんがつけたタグ

ツイートする