プライシング―消費者を魅了する「値ごろ感」の演出

3.00
  • (0)
  • (2)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 8
著者 :
consultantさん 知識(Function)   読み終わった 

競合品との比較、コストベース、価値ベースの3つの価格決定方法のうち、価値ベースに焦点をしぼって書かれた本。理論とよりも実践を重視しているため、実務にすぐに活かしやすい。

・価格の1%の上げ下げが、利益にどのくらいのインパクトを与えるのか
・価格競争に突入した場合、よりダメージが小さいのは、自社なのか、競合他社なのか
・その際、どのくらいの価格水準まで耐えられるのか
・主要な商品カテゴリーにおいて、顧客はブランドに対する価格プレミアムを支払っているのか、それとも低価格を選んでいるのか

レビュー投稿日
2012年5月13日
読了日
2012年5月15日
本棚登録日
2012年1月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プライシング―消費者を魅了する「値ごろ感...』のレビューをもっとみる

『プライシング―消費者を魅了する「値ごろ感」の演出』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『プライシング―消費者を魅了する「値ごろ感」の演出』にconsultantさんがつけたタグ

ツイートする