散り椿 (角川文庫)

4.12
  • (50)
  • (71)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 463
レビュー : 63
著者 :
mofuさん 葉室麟   読み終わった 

どこまでも不器用でどこまでも誠実な男達の切ない物語。
最愛の妻の最期の願いを叶えるため、男は一人故郷に戻ってきた。
妻に褒められたい一心で。
そして因縁深い幼馴染みと決着をつけるために。

過去に起こった事件の真相を解き明かすにつれ、浮かび上がる亡き妻の想い。
妻が願いの奥に潜めた想いは実に切ないものだった。
散る椿は残る椿があると思えばこそ見事に散っていける…潔くて儚いセリフに泣きそうになる。

葉室さんは男同士の友情を描くことが本当にお上手な作家さんだったのだと改めて思った。
岡田准一さん主演の映画も楽しみ。
葉室さんも楽しみにされていたんだろうな…。
本当に残念。

レビュー投稿日
2017年12月28日
読了日
2017年12月28日
本棚登録日
2017年12月28日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『散り椿 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『散り椿 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『散り椿 (角川文庫)』にmofuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする