走れメロス (新潮文庫)

3.69
  • (406)
  • (478)
  • (827)
  • (50)
  • (11)
本棚登録 : 4538
レビュー : 515
著者 :
mofuさん 太宰治   読み終わった 

9つの短編集。
特に気に入った作品は3つ。

思春期真っ只中の複雑な年頃の女子の1日をイキイキと描いた『女生徒』。
文体が太宰らしくなく新鮮。
喜怒哀楽がくるくる変わり、自分でも感情をどう処理してよいか分からない、少々厄介な思春期女子が軽やかに描かれていて良い。

唄のリズムのような文体の『駆込み訴え』はある一人の男性の訴え。
内容は少々ヘビーなのにノリで読めた。

そして『走れメロス』。
読むのは恐らく中学以来。
竹馬の友のためにとにかく走る!
途中お決まりの邪魔が入っても、自分に負けそうになっても最後は男同士の友情が勝つ!

レビュー投稿日
2018年2月12日
読了日
2015年11月23日
本棚登録日
2018年2月12日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『走れメロス (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『走れメロス (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『走れメロス (新潮文庫)』にmofuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする