狐笛のかなた (新潮文庫)

4.10
  • (748)
  • (640)
  • (464)
  • (36)
  • (6)
本棚登録 : 4400
レビュー : 560
著者 :
mofuさん 上橋菜穂子   読み終わった 

この世には〈あわい〉と呼ばれる場所がある。
人が住む〈この世〉と神々が住む〈彼の世〉の境目の、霊力のある獣たちが暮らす深い森だ。

〈聞き耳〉の才を持つ小夜と呪者の使い魔にされた霊狐・野火。
両者が隣国の領土争いに巻き込まれる純和風ファンタジー。
上橋先生の今までに読んだ物語は異国風のものばかり。
勿論それはそれで良いのだけれど、今回のような民俗学的な物語は理解しやすいしストレートに胸に刺さる。
日本古来から続く野山等の元風景を舞台に、読み手の郷愁を誘う物語で親しみやすく、とてもわくわくして面白かった。
今後は純和風ファンタジーももっと書いてほしい。
令和の初読みがこの作品で良かった。

レビュー投稿日
2019年5月3日
読了日
2019年5月3日
本棚登録日
2019年5月1日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『狐笛のかなた (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『狐笛のかなた (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『狐笛のかなた (新潮文庫)』にmofuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする