つめたいよるに (新潮文庫)

3.59
  • (903)
  • (967)
  • (2407)
  • (120)
  • (26)
本棚登録 : 9896
レビュー : 994
著者 :
mofuさん 江國香織   読み終わった 

人を恋するということはえらいことですわなぁ。
江國さんの描く様々な恋と、ちょっぴり摩訶不思議な仕掛けのある21編の短編集。
好きなタイプの話が多く、優しい、懐かしい、切ない等様々な気持ちが次々に生まれる。
『桃子』『草之丞の話』『鬼ばばあ』『晴れた空の下で』『ねぎを刻む』が印象的。

一番心に残ったのは『デューク』。
「それだけ言いにきたんだ」
あの時あなたは優しくそう言った。
けれど私にとっては「それだけ」なんかじゃない。
あなたが私にくれたものは一言では言い尽くせない程の深い愛情。
ほんの数頁の短編なのに物語の余韻がずっと頭から離れない。
以前大学センター試験に出題され、涙をこらえられなかった受験生が続出したという『デューク』。
こんな心を揺さぶる作品を出題するなんて、出題者なかなかやるじゃん。
受験生と試験官泣かせの作品。
読めて良かった。
この先何度でも読み返していきたい一冊。

レビュー投稿日
2018年10月23日
読了日
2018年10月23日
本棚登録日
2018年10月21日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『つめたいよるに (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『つめたいよるに (新潮文庫)』にmofuさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする