国際情勢を知るには世界史を逆戻しで見ていくのが「なぜ?」という「知りたい欲求」を原動力に読み進められるので良い。これは世界史に詳しい人が日々のニュースを観ながらいつもやっていることである。一読の価値はある。

2019年8月6日

世界史の大きな流れにほぼ関係ないし「裏話」というほど大げさでもないけど、有名人が絡んでたり、記憶に残りやすいスパイスがピリリと利いてるので暗記定着に一役買うかもしれないな。

教科書より一層深い筋書きが理解できた

<目次>
トランプ後の世界(エマニュエル・トッド)
韓国政権とエリート層の結束の強さと民心の熱狂と興冷めと元大統領の悲惨な末路(木村幹)
北朝鮮という国の成り立ち(鐸木昌之)
孫正義の30年Visionとローマ帝国(嶋聡)
覇権国の歴史と資本主義の終焉(水野和夫)
戦後の米国大統領を日本人目線で採点(福田和也)
脚色なしの本当の米国史(渡辺)
宗教でたどる日本史(本郷和人)

2017年7月6日

ネタバレ

<目次>
●池上彰×佐藤優 巻頭特別対談
「日本人よ、世界史で武装せよ」
ドローン、宗教戦争、そして核の脅威――「分析不能」の現代を読み抜く
◎世界史から何を学ぶか 野田宣雄
◎カエサルはなぜ殺された? 佐々木毅
◎ローマ帝国滅亡の真犯人 本村凌二
◎どうして釈迦は仏教を開いたか 呉智英
◎考古学でわかったイエスの正体 長谷川修一
◎預言者ムハンマドのリーダーシップ 山内昌之
◎ムスリム商人が作った中世グローバル経済 宮崎正勝
◎史上最強帝国モンゴル支配力の秘密 杉山正明
◎ルネサンスは魔術の最盛期 樺山紘一
◎コロンブス 野望と空想の海へ 増田義郎
◎ウェストファリア条約「宗教戦争」の終わらせ方 佐藤健志
◎人口減がニュートン、ライプニッツを生んだ 柳谷晃
◎国際比較江戸期日本が超平等社会だった理由 斎藤修
◎フランス革命が明かす「暴力」と国家の真実 萱野稔人
◎ナポレオンはなぜ強かったのか 鹿島茂
◎ヨーロッパ覇権競争 勝者の条件 玉木俊明
◎なぜイギリスで産業革命が始まったか 中野剛志
◎アヘン戦争 大清帝国vs.大英帝国 平野聡
◎南北戦争は世界初の「総力戦」だった 阿川尚之
◎三つの世界大戦を戦った男チャーチル 中西輝政
◎独裁の秘術 ヒトラー・スターリン・毛沢東 福田和也
◎「イスラム国」指導者の歴史観 浅川芳裕
◎ヒラリーの試練 米国覇権は崩壊するか 三浦瑠麗
●「達人10人が選ぶ 教養力増強ブックガイド」
野口悠紀雄 ヤマザキマリ 成毛眞 鈴木敏夫 松原隆一郎 浜矩子 橋爪大三郎 高島俊男 新将命 佐伯啓思
●白熱座談会「黒船が来た! 日米中衝突の宿命」 世界史の中の幕末明治
半藤一利×船橋洋一×出口治明×渡辺惣樹
●カタヤマ教授、世界史入試問題を解く 片山杜秀
●ビジネスに効く「2500年」年表 東谷暁

2017年1月9日

ネタバレ

<目次>
戦争を知らなければ世界は分からない情報
池上彰×佐藤優
◎商社マンが見た紛争とエネルギーの内幕 岩瀬昇
◎悪魔の投資戦略 尖閣有事には日本株を空売り 橘玲
■日本経済を守る究極の危機管理
◎2030年最悪のチャイナリスクに備える 川村雄介
◎セキュリティのプロに学ぶ 在外邦人の守り方 菅原出
◎日本の株式市場は地政学的リスクに弱い? 吉崎達彦
◎非常事態 安倍総理は決断できるか 橋爪大三郎×大澤真幸
◎自衛隊員に聞く 海外派遣の真実 森健
◎集団的自衛権、慰安婦、靖国 朝日・読売の戦争観を問う
若宮啓文(元朝日新聞主筆)/橋本五郎(読売新聞特別編集委員)聞き手・宮崎哲弥
■「世界三大戦略家」が予言、牙をむいた大国の運命
■◎東アジアは世界の火薬庫 元自衛隊参謀が警告する 尖閣激突シミュレーション 福山隆
◎北朝鮮 拉致再調査とミサイルの論理 五味洋治
◎人民解放軍幹部「言いたい放題」過激発言のウラ側 富坂聰
◎中学生に教える戦争Q&A 杉井敦・星野了俊/別宮暖朗
◎アングロサクソンはなぜ最強なのか 中西輝政

2016年12月11日

ネタバレ

311の起こった2011年を総括。振り返りたい時に読むと良い。

2016年9月8日

ツイートする