クマ撃ちの女 1 (BUNCH COMICS)

3.54
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 2
著者 :
コンビイフスキーさん 現代社会   読み終わった 

内容的には中級者の女ハンターが熊を追いかけて、それに記者が同行するもの。女ハンターは博識だけど熊撃ち初心者で、この辺りが今後の話に絡みそう。単にプロが狩猟のポイントを伝授する漫画では終わらない感じ。1巻はまだ導入なので2巻まで読んでから判断。

女ハンターの喋り方がバカっぽくて多少うざいけど、話自体は面白いというか、熊と出会わないかにドキドキして気持ちが持っていかれるので、喋り方は気にならなかった。
これは読む前から”熊に恐怖心をもっているか”で面白さの評価が分かれる気がする。

実際の熊に出会ったことはないけど、某三毛別羆事件の記事を読んでからというもの、ハチミツ好きの黄色いヤツですら何となく忌避感を持ってしまう。それぐらい事件の記事が壮絶なんだけど。これらを読むと動物園で熊を愛でる気分にはなれなくなる。

レビュー投稿日
2020年10月2日
読了日
2020年10月2日
本棚登録日
2020年10月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クマ撃ちの女 1 (BUNCH COMI...』のレビューをもっとみる

『クマ撃ちの女 1 (BUNCH COMICS)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする