コロのまんが書評100%【祝・レビュー200件!】

目指せオスカル。お嬢様ヒエラルキー渦巻く紅華歌劇団に入学したド天然元気巨娘のさらさと、元アイドルで人間嫌い無愛想娘の愛。凸凹コンビの成長物語としてはもちろん、クセのある愛すべきキャラが多いのでコメディとしてもクオリティが高いお得な作品でした。

2013年5月31日

読書状況 読み終わった [2013年5月31日]
カテゴリ  ┣[D]青春
タグ

本編もミスリード演出が良かったけど、何気に表紙とオビが想像を掻き立てられて秀逸だった。

糸は切られた。
鎖は放たれた。
扉は開かれた。
真実は語られた。
因果から解き放たれ、意思を継ぐ子らの未来を生きるための戦い。箱の中の、たったひとつの希望が見えた。

2013年5月31日

読書状況 読み終わった [2013年5月31日]

クセのある人物設定に定評のあるアサダ先生。その名の通りとても残念な人たちが恋を観察したり悩んだりする部活もの。メインの人物がだいたい不憫。不憫萌えというやつか。やはり地味に面白いから評価に困る。

2013年5月31日

読書状況 読み終わった [2013年5月31日]
カテゴリ 恋愛
タグ

冒頭が斬新すぎて不覚にも引き込まれたw
ネカマ中学生に騙されて島根県まで来てしまったOLの、成り行きで田舎にお嫁に行きますラブドラマ。

田舎ネタをラブにもコメにも上手に織り込んでて、派手ではないけどほっこりして思ってたよりずっと面白かった。
他のアサダ作品も読んでみるかな。

2013年5月25日

読書状況 読み終わった [2013年5月25日]
カテゴリ 恋愛
タグ

青春×音楽×恋愛の三重奏、第6巻。

う〜ん予想外。オビのアオリも含め、気持ちよく騙された。過去との決別、親離れ。恋を経て少年は大人になった。それでも必死に理由をつけて自分の気持ちに嘘をつき続けるあたり、甘酸っぱさが残っておりますなぁ。揺れる少年期の儚さよ。うむ満足じゃ。

2013年5月25日

読書状況 読み終わった [2013年5月25日]
カテゴリ  ┣[D]青春

超注目株。天才画家&画商ゴッホ兄弟を描いた伝記ロマン。

『式の前日』作者の新作で、長編になっても見事なストーリー構成力は健在。1話の締めで名乗るのはシビれたし、最後の暗転も素晴らしい引きだった。なによりテオの反抗的かつ完璧な立ち振る舞いが最高に格好良い。これがスタイリッシュというものだよ坂本くん。

2013年5月25日

読書状況 読み終わった [2013年5月25日]
カテゴリ  ┣[D]歴史
タグ

表紙の印象がガラッと変わったなぁ。内容を反映してか、クールぼっちから普通にリア充っぽくなっとる。文化祭編で一見普通のラブコメディだけど、インタビュー記事も合わせて読むとなかなか怖いぞ。今はまだ可愛らしい嫉妬程度で済んでるけど、タガが外れたらどうなるやら。いや楽しみ楽しみ。

インタビュー
http://natalie.mu/comic/pp/lonelyalien

2013年5月25日

読書状況 読み終わった [2013年5月25日]

世にも珍しい野球《応援》漫画、第1巻。

恩人に再会するため球場を訪れ、そこで出会った“球場仲間”に感化され、少しづつ前進していくヒューマンドラマ。
ポップな表紙で舐めてたけど、主人公の実央が割と深刻なレベルのイジメ被害者で背景が重め。誰もが前向き活力溢れる球場パートとのギャップがまたきつい。だからこそ、球場でのセリフがね、真っ直ぐで前向きで、なかなか染みる。野球の試合そのものはほぼ出ないので、野球がわからなくても楽しめますよ。

2013年5月25日

読書状況 読み終わった [2013年5月25日]
カテゴリ  ┣[D]現代
タグ

混戦したまま全力疾走ハイテンション青春バンドラブコメディ第2巻。

恋する仕切り屋うらら登場。小雨の恋敵・冬夜くんも参戦で新バンドの形が見えてきた。しかし見事なまでの恋の混戦模様。どっか一組成立したら即解散でないかこれ。

そして2巻で注目はタンポポ姉さん。ヤンキーなのに世話焼き恥ずかしがり屋。あれだよ不良が猫をかわいがってる系のあれですよ。たまらんですなぁ。

2013年5月12日

読書状況 読み終わった [2013年5月12日]
カテゴリ  ┣[D]青春

男の子が頑張るのは好きな女の子のためと相場が決まっているのだよ。
恋と音楽が奏でる青春バンドラブストーリー第1巻。

サンデーらしい軽快なコメディ&イラストで読みやすい。表紙が気になったら鉄板です。おてんばちびっ子ハル姉さんはじめ、キャラが魅力的で記憶に残る作品だね。

なぜかハルさんで一番記憶に残ってるセリフ。
「小雨ーーーー!! ヘッタクソーー!!」

2013年5月12日

読書状況 読み終わった [2013年5月12日]
タグ

Webで多少読んでて買うつもり無かったんだけど、思わず表紙買い。

前半25ページの間はいちゃコラ警報発令。場所は選んでキスしたりお姫様抱っこする程度にバカップルな高校生ハルとナツの超能力サスペンスラブストーリー。設定はベタな超能力ものだけど、バトルじゃなくてそれを巡るドラマが主軸。能力を制御できずに苦悩するハル、怖いくらいに深くハルを愛するナツ、そして諸刃の正義を掲げて悪を憎む少女アキ。みんな何かを抱え、危うい状態でなんとか青春を保ってる。伏線とかも存外凝ってて、これは拾い物だった。今後に期待。

2013年5月12日

読書状況 読み終わった [2013年5月12日]
タグ

まだまだ熱い青春自転車レースコミック第28巻。

インターハイ決着からの世代交代。
鳴子たちと同様に新キャプテン手嶋は脇役の印象で正直不安だったけど、いやはや全くの杞憂だった。
飄々としていて、しかし誰よりも仲間想いで内に秘めた闘志は熱く、都合の良い成長ではなくあくまで凡人を貫いてるあたりが逆に魅せられる。「俺たちは強い」が口癖の前キャプテンとは対象的に、「自分は弱い」ことを自覚しているリーダー。さて、どんなチームを作り上げるのか楽しみだ。

2013年5月12日

読書状況 読み終わった [2013年5月12日]
カテゴリ  ┣[D]青春

一週間ごとに友達の記憶を失う少女とその「友達」のじんわり系ハートフルストーリー第2巻。

健気だなぁ。健気すぎるよ長谷少年。忠犬ハセ公と呼んでやろう。
記憶は消えても想いは積もり積もって、確かな変化へ。月曜日に彼を認識してたのは無意識なのかな、それとも意識的なのかな。

香織の記憶喪失問題のピースもつらつら。やっぱトラウマ的なものが原因なのか。そのあたりの伏線も面白くなってきた。

2013年5月10日

読書状況 読み終わった [2013年5月10日]

「俺が何回だって言いに行くから 友達になってくださいって」

衝動買い。クラスの気になるあの娘は一週間で「友達」の記憶を無くしてしまう障害をもっていた、というビタースイート青春グラフィティ第1巻。

基本ほんわか日常四コマなんだけど、件の記憶喪失がちょっぴりほろ苦く、重要なシーンは普通の漫画にシフトするのでメリハリが効いてて意外と面白かった。ややご都合主義な感はあるけど、適度にスルー推奨。

今後で落として上げる展開があると期待。

2013年5月7日

読書状況 読み終わった [2013年5月7日]
タグ

再会した初恋の相手は苗字も性格も変わっちゃってた学園青春ラブストーリー第2巻。

これも一種の吊橋効果か。凸凹無法地帯5人組が行事やトラブルを経ていい感じに仲間意識ができる展開、いや青春だねぇ。

自分の気持ちも理解して、恋も友情も良い風向き……そんな美味しいタイミングを漫画の神様は見逃さない。結構テンポ良く攻めてくるねこの作品。ストーリーをキュッと締めてくれる良い引きでした。

2013年5月6日

読書状況 読み終わった [2013年5月6日]
カテゴリ 恋愛

形になる前に逃してしまったモヤモヤした初恋、いいですなぁ甘酸っぱくて儚くて。
時を経て再会して、過去の約束の清算をするシーンも実に綺麗な泣き顔だった。

モヤモヤした級友との関係にもケリつけて、クラスも変わって高校生活リスタート。はてさてどんなアオハルになるやら。

2013年5月6日

読書状況 読み終わった [2013年5月6日]
カテゴリ 恋愛
タグ

んあ"あ"あ"ぁぁっ焦れったい!
お前らさっさと付き合えよ!っていうかすいれん悪くない!女の子があそこまで頑張ってるのに川澄少年お前はバカかあああああっ!!!

……それはそれとして、周りの友人たちが良い奴らすぎるのでそろそろそっちもフィーチャーしてほしいところ。

2013年5月5日

読書状況 読み終わった [2013年5月5日]
カテゴリ 恋愛

女子免疫ゼロなヘタレイケメンを超無口な超美少女が頑張って押して押してく逆攻略作戦進行中。

すいれん頑張った!
きっと20文字くらいは喋ってた!
あとあの空手少年結構ちょろいぞ。
がんばれ。

2013年5月5日

読書状況 読み終わった [2013年5月5日]
カテゴリ 恋愛

ヒロインがたぶん10文字くらいしか喋ってない。

無口な超絶美少女と、女の子が苦手なイケメン空手少年のスタンダードな青春学園ボーイミーツガール第1巻。

とりあえず絵が好み。全く喋らないのになかなか存在感あるヒロインで面白くなりそう。今後に期待。

2013年5月5日

読書状況 読み終わった [2013年5月5日]
カテゴリ 恋愛
タグ

双子の兄妹は実は従兄弟でしたなファミリードラマ、最終巻。

うん、まぁ、こんなとこか。妥当に終わった感じ。ごちそうさまでした。奈々ちゃんにはもっと暴れて欲しかったのだが、そこだけ残念。

2013年5月4日

読書状況 読み終わった [2013年5月4日]
カテゴリ 恋愛

新章突入。

どんな失態を犯しても、生きてる限り人生は続く。想いだけを引きずって人生リセットな春日少年が新たに出会った文学美少女・常盤さんが真っ当に可愛くてちょっとびっくりしてる。はてさて彼氏問題もそうですが、過去の女子二人と再会したときどうなることやら。腹の中の全部をブチまけた修羅場がハラハラドキドキ楽しみですなぁ。

2013年5月4日

読書状況 読み終わった [2013年5月4日]
カテゴリ  ┣[D]青春

誰も彼もが自分は特別な存在でありたいのだけど、現実はどこまで行っても現実で、その先はないのだと、そう結論づけてしまった思春期二人の行く末は一世一代の大舞台。せめて終わりは花火のように。なんつー晴れやかな表情してやがるんだか、なにしでかすつもりなんだか。

とりあえず包丁と帽子とマスクと灯油とライターを買ってる人がいたら不審に思おうぜレジのおばちゃん

2013年5月4日

読書状況 読み終わった [2013年5月4日]
カテゴリ  ┣[D]青春

和漫画ブームはまだ終わらない。歌舞伎という舞台で、恋のために踊る二人の男の物語、第2巻。

正直、主役の河村くんよりライバルの本郷くんの方が見応えあるなぁ今のとこ。
一途な想いただひとつ、細い細い、唯一のつながりを途絶えさせないために己の想いをごまかして、より深みへ。
さて渡りきれるか、渡り切った先に彼女はまだいるのかな。
修羅場の匂いがプンプンするのでとりあえずまだ先を読んでみますか。

2013年5月4日

読書状況 読み終わった [2013年5月4日]
カテゴリ 恋愛

弱小プロチームの下克上群像劇、第27巻。

サッカーとは人生なりや。
「今日はお前の引退試合なのか?」をはじめ、監督達の生き様が印象深い巻だった。
選手は一人で立っているのではない。監督、フロント、サポーター、そしてこれまで出会ったすべての人がいるからこそ闘える。その全てを余すことなく味わえる贅沢さがあるからこの漫画は面白いんだ。

2013年5月3日

読書状況 読み終わった [2013年5月3日]
カテゴリ  ┣[D]現代
ツイートする