ノーザン・ライツ

  • みすず書房 (2020年10月20日発売)
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 93
感想 : 4
4

読書会に参加するので読んでみた。
少年の成長物語。
家族にはいろいろと物悲しい事情があるものの、不思議と家族のあたたかさを感じる作品だった。血縁だけが家族じゃない。地域や同じ趣味のコミュニティなど、いろんな家族のかたちがある。
ちょっと気になったのは先住民族の家族。中国でウイグル族のジェノサイドが話題になっているが、よくよく考えればカナダもアメリカも先住民族を追いやってきた歴史がある訳で、そういう枠を取っ払って、ぜひ平和にいきたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2021年7月22日
読了日 : 2021年7月22日
本棚登録日 : 2021年7月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする