魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 :
  • KADOKAWA (2021年3月26日発売)
3.95
  • (145)
  • (266)
  • (141)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 1985
感想 : 218
3

三島屋変調百物語の7弾目。富次郎さんに変わって、安定してきたかと思えば、今回も悩みながら、聞き捨てしていく感じで、これが味なのかなとも思いつつ。

今回は3編と少ないのですが、ちょっとジワッとくる話ばかりで、ちょっとソワソワしながら読みました。怖いという意味では「一途の念」。馴染みの団子屋の娘が語る一家の話は、悲しいものながら、その結末は、最初ちょっとわからないのが、ジワジワ気味悪さが出てくる感じで怖かった。
「魂手形」は、物語自体の雰囲気が不安を感じさせる気味悪さがあり、語り手の感じのよさがあっても、怖さが滲み出る感じでした。

今後の展開も気になる感じの中、小旦那富次郎さんが、どんな感じになっていくか、楽しみです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 三島屋百物語シリーズ
感想投稿日 : 2021年8月1日
読了日 : 2021年7月28日
本棚登録日 : 2021年7月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする