独学術 (ディスカヴァー携書)

3.38
  • (29)
  • (80)
  • (76)
  • (26)
  • (13)
本棚登録 : 879
レビュー : 91
著者 :
cowleyさん のんびりと   読み終わった 

自学こそが本当の学びという主旨には賛成できるけど、偏見に満ち、自己顕示欲ばかりが見える文章にうんざり。
バングラデシュは貧乏だから見るべき文化がない(p44)、『共産党宣言』は幼稚(p58)、『論語』は中国官僚の処世術にすぎない(p114)、ウェーバーの論は狭い(p154)…。さらに専門家が積み重ねてきた研究を無視して、フロイス1人が書いた本だけを根拠に江戸時代は野蛮な時代だったと決めつける(p98)。
ヨーロッパ至上主義、ヨーロッパの言語や文化を学んだ自分は高級だといいたいだけだ。しかも自分の印象や好みだけでものを言い、客観的研究の態度とはほど遠い。

レビュー投稿日
2018年11月28日
読了日
2017年11月12日
本棚登録日
2017年11月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『独学術 (ディスカヴァー携書)』のレビューをもっとみる

『独学術 (ディスカヴァー携書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする