高瀬庄左衛門御留書

著者 :
  • 講談社 (2021年1月20日発売)
4.08
  • (15)
  • (14)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 19

本当に本格的な時代小説。藤沢周平、池波正太郎の系統に続く作家だと思う。
一貫してゆったりとした時間が流れ、その中から人物の心理がくっきりと浮かび上がってくる。ふだん聞かなくなった言葉遣いが、さりげなく使われていて、格調高い。
いい脇役の出る小説はそれだけで評価できるんだけど、この作品もそうだ。弦之助、半次、余吾平。いなくてはこの小説は成り立たないと思わせる脇役たち。
読んで充実感のある本だった。世の中にあふれている本からこういう作品を見つけられると、よくやった自分、と言いたくなる。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 正統派
感想投稿日 : 2022年1月26日
読了日 : 2022年1月25日
本棚登録日 : 2022年1月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする