回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)

3.34
  • (49)
  • (74)
  • (302)
  • (11)
  • (5)
本棚登録 : 976
レビュー : 81
著者 :
cozyconanさん  未設定  読み終わった 

高校時代の同級生と飲んだ時に、読み返すと面白かったと薦められたので本棚から取り出して、おそらく20数年ぶりの再読。
作者も登場人物も30代で、読み返している僕が一気にその年齢を越えてしまったことに躊躇う。村上春樹は高田馬場のジャズ喫茶で『羊をめぐる冒険』を読み耽った20代の僕が向かい合う小説家なのだ。もうじき50になる物語の主人公にも脇役にもなれそうにない冴えない男が辛うじて80年代の風俗に懐かしさを感じながら、ページを捲るべき本ではないのかもしれない。
この中の『雨やどり』から引用すれば、自然発火のごとくセックスが生じなくなってしまった中年男ということになる。その点では、元編集者を買う中年男という脇役にはなれるのだろうか。いや、財布の中身が心許ないので、それさえも叶わないのだろう。

レビュー投稿日
2015年1月3日
読了日
2015年1月3日
本棚登録日
2015年1月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする