そっか。そういうことか!
……ってならないんだよ!全然わかんない!!こんなに読解力なかったのか自分!!!!! 飛車丸がつまりそうなんだな?ってのはわかったつもりなんだけど、どこからどうこうなったん?

後半の懐かしいお話の数々。名前だけだとよくわからなかった登場人物たちも、順番に出てきてくれれば整理できるわ。これとひとつ前、もっかい読もう。

2019年5月30日

読書状況 読み終わった [2019年5月30日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

好きで好きで素直になれなくて、景虎も苦しんでいたんだっていうのがいままでどうにもわかりにくくて。もう自分のそばにはいられないくらいの言葉をぶつけたのに直江はそれでも離れていかなくて。記憶を消したのが、後ろ向きな理由じゃなかったこと、がんばれって、次の、彼に。

一年近く遅れてしまったけどやっとみんなを見送って、あの日の高耶さんと再会。随分と長いお付き合いになったね。

2018年12月17日

読書状況 読み終わった [2018年12月17日]

体力も削られる。
あああ。嫌いになっちゃいそうだよ。
しんどい。ほんとうにしんどい。
でも、あと一冊、見届けるまでは……!!

2018年11月16日

読書状況 読み終わった [2018年11月16日]

あまりにも酷い。こんなときに狡い。なのに嫌いになれないなんて、どうかしてるよおまえぇぇ。・(つд`。)・。

2018年11月1日

読書状況 読み終わった [2018年11月1日]

思えばなんだかこそばゆい感じのする直江にもすっかり慣れてしまっていたのか。ずっと前から知ってる気がする直江になってしまったことが、それはそれてやっぱり悲しくて、それでもときどきあらわれる可愛い直江が可哀想でつらくて。景虎はもうわけがわからなくて。しんどいな。うん、しんどい。
おまけに、すこし、救われる。

2018年10月2日

読書状況 読み終わった [2018年10月2日]

前回が番外編っぽかったから今回はこってり重々しいのを想像してたけど、や!重々しいのよ充分に!!それでもちょっとの軽さというか、ひとの心の弱いとこが際立ったっていうか、すごい恐ろしいアイテムでどろどろしいって話でもなかっ…!!とんでもなくそんな話だったよ!なに安心してんのさ自分!!!!!

2018年9月25日

読書状況 読み終わった [2018年9月25日]

読書状況 聴き終わった [2018年9月22日]
カテゴリ CD

普通に生を受けていたら出会わなかったかもしれないひとたちだけど、夜叉衆の使命とかそういうの抜きにして、昔馴染みとの穏やかな時間だってあっていいと思うんだ。

2018年8月29日

読書状況 読み終わった [2018年8月29日]

まだこのひとたち知らなかったんかい?!って、なるじゃん...直江が直江っぽくなってきた。
小説だし、文字だし、これ舞台化とかされ...てないのか。どんな曲なのか気になるなぁ。あ、聴くと死ぬのか。

2018年8月24日

読書状況 読み終わった [2018年8月24日]

読書状況 読み終わった [2018年8月12日]
カテゴリ その他

読書状況 読み終わった [2018年8月5日]
カテゴリ その他

読書状況 読み終わった [2018年8月4日]
カテゴリ その他

こ、ここで終わるの?ひどい( 。゚Д゚。)
実体のある、ちゃあんと存在してる信長超こわい!
やっぱり直江は直江だな。
穏やかな優しい場面との対比がものすごく怖い。

2018年7月25日

読書状況 読み終わった [2018年7月25日]

あまちゃんなんだよ!!!!!
……ぜぇはぁ。いやいや、いいのたぶんあれで。非道なのは織田チームだけでいいの。でもな、優しすぎるんだよなぁ、仕方がないか、上杉のひとだもの。

2018年7月9日

読書状況 読み終わった [2018年7月9日]

上杉夜叉衆揃った。っつーか揃ってた!!
みんな戦後を逞しく明るく生きてる感じがとてもいい。でも怨霊退治の話。
不安はまだまだたくさんあるけど、なんか、元気出た!!!!!

2018年6月21日

読書状況 読み終わった [2018年6月21日]

読むのに何ヶ月もかかったのと、登場人物が新顔ばっかりだったせいで?途中から誰が誰だったかわからなくなってしまったので、もういっかい最初から読もう。そしたらなんか書くよ?誰の台詞かわかりにくいところがいくつかあったけど、そこもクリアになればいいな、と。

2018年4月11日

読書状況 読み終わった [2018年4月11日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

長い!(電子書籍にしたら厚さはわからんけど)
エピソードのあれもこれも全部この本に入ってるのか!?って思うと、本当に重要な巻だと。スピード感に負けまいとがんばって読んだあと、ゆっくりともう一度読んだところでなんとなく理解。再読でも楽しいのは重要だな。続き、まだかな?

2017年7月20日

読書状況 読み終わった [2017年7月20日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

読書状況 読み終わった [2017年4月22日]
カテゴリ その他

日常の中のちょっと…いやかなりおかしな穏やかなひとこまであったり、出会ったときを思い出して懐かしさに頬がゆるんだり、変人極めきってると感心したり、なんとも盛りだくさんでお腹いっぱい。

2017年3月10日

読書状況 読み終わった [2017年3月10日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

容赦のないおとなばっかり。筆頭が作者なんだけどな。
先が気になって結構なハイペースで読んだけど、こんだけ盛りだくさんなのにたいして時間が経過してないっていう。なのに次から次へと襲いかかる試練っていうか仕打ちっていうか、可哀想でもう恨みたくなるよね作者を。でもちゃあんと優しいおとなもいるから、がんばれこどもたち!!
登場人物が増えまくってまだまだ謎だらけな印象だけど、カタカナ名前じゃなくてよかったと思うのが余所の作品と違うところ。日本人でよかった。

2016年10月22日

読書状況 読み終わった [2016年10月22日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

スピード感たまらん。めまぐるしく変化する状況に読むのが追いつかなくてもどかしいから、ちょっと置き去りにされたからもう一回読まなくちゃ!!

あの日よりちょっとだけおとなになったみんなの再会は、嬉しく微笑ましく頼もしくて何度も泣きそうになった。信じていたもの信じられなくなったもの、心境や状況の変化で前と同じではいられないもどかしさとか、いろいろなものが詰め込まれてた。

うん、しばし現実にかえろう。

2016年10月18日

読書状況 読み終わった [2016年10月18日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

あの花火の夜から一年半。離れ離れになった彼らのいま。
強くなろうとしている姿のいじらしさ。それぞれの場所でそれぞれ自分のできることやるべきことを真っすぐに受け止めて、再会のときを待ち望んでいるのは読んでるこちらも同じ。

「穏やかで落ち着いた口調」で殺害命令するような台詞が今後出てくるのを期待しつつ、そんなん出てきたらきっとその描写以上に「穏やかで落ち着いた口調」で表現してくれるだろう中の人に期待大!!やろうぜ2部アニメ化。

20160921~20161009

2016年10月9日

読書状況 読み終わった [2016年10月9日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

とても可愛らしいお話の数々。なごむわー。
日常的だけどほんの少しの非日常。大友センセは出てきてもらわないと困る。もっと出番が増えりゃあいい!!

20160905~20160920

2016年9月20日

読書状況 読み終わった [2016年9月20日]
カテゴリ 東京レイヴンズ

秋きた。ってかいきなりすぎて自分がなにを読んでるのかちょっとわかんなくなったよね。で、はじめて読む台詞なのに幻聴がきこえる楽しい読書素敵ねやっぱり。

なんか、読み手的にはあれ以降の状況がなんとなくわかって、これからさらにいろいろな事件が!?っていきなり爆弾抱え込まされた!!って、不幸体質なのね…主人公なんてたいていそんなもんよ。とりあえずまだあっちの目的もこっちの目的もわかんないから普通に読み進めてみよう、と。

20160809~20160905

2016年9月5日

読書状況 読み終わった [2016年9月5日]
カテゴリ 東京レイヴンズ
ツイートする