禁断の魔術 ガリレオ8

3.72
  • (268)
  • (810)
  • (652)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 4813
レビュー : 630
著者 :
くり〜むそ〜ださん ハ行の作家   読み終わった 

原点回帰とも言うべきハウダニットにこだわった短編と人間味溢れる中編で構成されている。ホステスはどうやって鞄の中身を透視したか、双子の姉の窮地を知り得たのは本当にテレパシーだったのかなど、一工夫こらした短編はガリレオシリーズならでは。初期の頃の人間嫌いな主人公がいつのまにか厳しくもやさしい先生になっているのがシリーズ物の楽しみ。個人的には内助の功の美しさが印象的な短編が好みだが、最後の中編のラストに掛けての盛り上がりも捨てがたい。安心して楽しめるシリーズ。

レビュー投稿日
2012年10月21日
読了日
2012年10月20日
本棚登録日
2012年10月20日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『禁断の魔術 ガリレオ8』のレビューをもっとみる

『禁断の魔術 ガリレオ8』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『禁断の魔術 ガリレオ8』にくり〜むそ〜ださんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする