ハッピーリフォーム

著者 :
  • KADOKAWA (2021年10月29日発売)
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 5
4

学校の体操着の指定販売店としての売上くらいしかないスポーツ用品店から、リフォームの依頼がきた。新米建築士の主人公さくらは勇んでプランの提案をするが、店主はなぜか投げやり。こんな個人でやっているようなスポーツ用品店に未来なんてあるかっ!と口に出さないが思っている。リフォームに積極的なのは奥さんだけで、息子は無気力な父を蔑んでいる。なんだか複雑な理由がありそうだ。

 リフォームすることが設計事務所の仕事、仕事としてはそれだけ。でも、主人公さくらは悩む。はたしてそれだけでいいのだろうか。この家族はどんな願いを込めてリフォームを依頼してきたのか。

 熱意はあるけど、経験はまだまだ。上司やクライアントから怒鳴られても、挫けそうになる心を、奮い立たせて、施主が言葉にできない願いを汲み取ろうと力を尽くす。
 そして遂には、思わず唸るリフォームの提案が!

 四章からなるこの小説の第一章が、このスポーツ用品店の話なんだけれども、いやぁ、これがほんとに見事な提案で、想像もしていないところから解決策を持ってきた。結果、家族の絆も強くなり、満点解答じゃない?

 第二章は老舗和菓子店の二号店出店で顕わになった兄弟間の確執を見事解決。

 第三章では後発パーソナルトレーニングジムの店舗プランで、クライアントが気づいていなかった特殊技能を見つけだし、差別化に成功。

 第四章ではアウトレットモールに客を取られた小さなドライブインのような4軒の店舗の再生を成功させる。

 店舗の再生といっても、建築士任せにしてもうまくいかない。あくまでもクライアントとの共同作業だ。言葉にできないクライアントの願いをいかに汲みとって、それを設計に組み込んでいけるかどうかだ。
 
 これ、ほんとに連ドラ化して欲しい。視聴率取れると思う。 
 
 リフォームするのは、店舗だけじゃない。人の心も、その後の人生も。

 さくらのような熱血建築士、ほんとにいたら良いなぁ。出会ってみたい。うちの会社でも依頼したいよ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年4月26日
読了日 : 2021年12月5日
本棚登録日 : 2021年12月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする