鹿鳴館のアリス (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社 (2006年9月30日発売)
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 1
3

時は大正。北海道で両親に愛されて暮らしていた悠季の生活は、ある日突然一変する。東京にやってきた悠季を迎え入れてくれたのは遠い親戚の明煕だったが、彼は裏清華という不思議な力でアリスを守るメンバーの一員で…?

斎姫異聞が好きだったのと、最近アリスという響きが好きなので手に取りました。シリーズの一作目です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: NOVEL
感想投稿日 : 2010年3月27日
読了日 : 2010年3月26日
本棚登録日 : 2010年3月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする