坂口安吾 [ちくま日本文学009]

3.72
  • (22)
  • (37)
  • (43)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 351
レビュー : 44
著者 :
tnao7さん サ〜タ行の作家   読み終わった 

 『桜の木の満開の下』を読みたくて購入。
 『桜の木の…』は作品全体に妖しい美しさ、なんとも言えない寂しさが漂っています。ラストシーンは本当に綺麗ですし、なんといってもタイトルがずば抜けていると思います。

 坂口安吾というと『堕落論』のように堅い真面目な文章を書いている人、というイメージだったので、『風博士』を読んで驚きました。こういった小説も書いていたのですね。読んでいる途中で笑っていしまいました。

レビュー投稿日
2010年2月22日
読了日
2010年2月22日
本棚登録日
2010年2月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューをもっとみる

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『坂口安吾 [ちくま日本文学009]』にtnao7さんがつけたタグ

ツイートする