とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)

3.94
  • (121)
  • (115)
  • (124)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 1303
レビュー : 42
著者 :
cv3-saratogaさん  未設定  読み終わった 

[評価]
★★★★★ 星5つ

[感想]
想定外の終わり方だった。どうなるだこれ?幸せな奴が1人もいないぞ…
大河が北村に対する気持ちは本当だったと思うし、竜児の櫛枝に対する気持ちも本当だった。櫛枝も自分の気持ちに気がついていた。なのにこの結末は想定外だよ。
北村は気が付いているのだろうか?亜美は大河と竜児の奥底の気持ちも気が付いていそうな雰囲気だった。クライマックス直前で絆が崩壊しちゃったんじゃないか?
担任の恋ヶ窪先生は変わらずに良い先生だなと思うが、自分が同じ年齢でより酷い状況であることに気が付いて決まったよ。
物語も自分もどうなるのかな…

レビュー投稿日
2018年12月22日
読了日
2015年6月30日
本棚登録日
2018年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)』のレビューをもっとみる

『とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)』にcv3-saratogaさんがつけたタグ

ツイートする