とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)

3.45
  • (82)
  • (117)
  • (295)
  • (29)
  • (6)
本棚登録 : 1899
レビュー : 73
著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
cv3-saratogaさん  未設定  読み終わった 

今回に起きた事は察知できない限りは違和感を覚えないわけだから、異変に気が付いた上条や神崎、土御門らを除けば特に問題が起きないんだよな…
記録映像にも影響下にあるんだから、大規模な魔術だよ。
[more]
それにしても今回は事件が二転三転していたな。若干、科学的な要素もありはしたが基本は魔術だったけど、能力を持たない逸般人もでてきたしね。
それにしても上条に覚えのない従妹は本当にいるのかな?両親は記憶を改組されているなんてオチは無いのかな?
最後に魔術を失い、科学を持てなかった土御門がそれ以外のようそである戦闘術を極めているというのは面白かったな。心理戦も強そうだったしね。

レビュー投稿日
2018年12月22日
読了日
2014年1月11日
本棚登録日
2018年12月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (...』のレビューをもっとみる

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『とある魔術の禁書目録(インデックス) (4) (電撃文庫)』にcv3-saratogaさんがつけたタグ

鎌池和馬の作品一覧

鎌池和馬の作品ランキング・新刊情報

ツイートする