将棋殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.11
  • (0)
  • (4)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 6
3

前半は複数の登場人物の断片的な話が次々と語られ、状況把握に振り回されちょっと混乱するが、そこさえ超えれば綺麗に収束へ向かう。
匣でも感じられた、ヒラヒラとした文章は好みなので雰囲気とあわせて楽しんだ。で、将棋(詰将棋)はサッパリ判らないのでそこはスルーで…。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国内ミステリ
感想投稿日 : 2011年11月7日
読了日 : 2011年11月7日
本棚登録日 : 2011年11月7日

みんなの感想をみる

ツイートする