親しい友人たち (山川方夫ミステリ傑作選) (創元推理文庫)

著者 :
制作 : 高崎俊夫 
  • 東京創元社 (2015年9月30日発売)
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 10
3

第3次『三田文学』の編集に携わり、自身も芥川賞の候補となったりもしつつ、34歳の若さで夭逝した作者のショートストーリー集。
ミステリ味の強いものから、ホラー風味、哲学問答のような純文学風といろんな味わいの作品があり、この作家の抽斗の多ささが感じられます。ショート作品と言えば星新一ですが、あの作家のようにラストにドカンとオチを効かせてくる作風ではなく、話の続きが気になって読んでいくとジワジワと世界が変化していく感じの面白さですね。
気に入ったのは、ドッペルゲンガーネタとも絡んだ「お守り」と、ドライブ中の夫婦の会話から始まる「あるドライブ」、母親の再婚相手の殺害を目論む「三つの声」の3作かな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 国内ミステリ
感想投稿日 : 2018年7月5日
読了日 : 2018年7月5日
本棚登録日 : 2018年7月5日

みんなの感想をみる

ツイートする