月夜の森の梟

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2021年11月5日発売)
4.33
  • (7)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 6
4

 人生最大のストレスは「配偶者の死」。長年連れ添ったパートナー、その退場で、当たり前だった日常が、突然足元から崩れてくる。喪失の空間に独り取り残され、ともにしてきた日々の思い出が、哀しみを抱いて、やってくる…。
 子供をもたないと決め、夫婦とも作家という濃密な時間を共有してきた二人が、その別れを迎えた時、遺された一人は何を思うのか…。
 団塊の世代がいよいよ後期高齢者を迎えた。いよいよ人生の最大ストレスの時期、おひとり様の老後を迎える。団塊の世代の作家が、その到来の晩鐘を鳴らす。
 人間とは違う時間軸で動いている森の自然、森の生き物を描きつつ、心の動きを、静かに綴る。月夜の森から梟の哀しい鳴き声が聞こえてくる…。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年1月13日
本棚登録日 : 2022年1月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする