Deal Breaker: The First Myron Bolitar Novel

著者 :
  • Dell (1995年5月1日発売)
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
4

HARLAN COBEN の最近のスタンドアローン作品を全て読んでしまったので、今度はマイロン・ボライターシリーズに突入しました。これはシリーズ第1巻。メインの謎解きも面白かったけど、登場人物たちの描かれ方が生き生きとして、この先が楽しみ。また、後の作品の元になったであろうと推測される点が随所にある。HARLAN COBEN は「失踪」をとりあげる事が多いけど、家族に失踪されて、残された者は失踪者の生死やいなくなった理由もわからず、希望と諦めの反すうをし、終止符を打てないもどかしさを、彼は実に見事に表現する。10年前の作品なので、社会背景などが若干古臭く感じたけど、これからマイロンがどう成長していくのか見守りたい。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: Crime
感想投稿日 : 2005年7月19日
本棚登録日 : 2005年7月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする