The Blue Nowhere

著者 :
  • Pocket Books (2002年3月1日発売)
3.64
  • (3)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 6
5

久しぶりに徹夜して読んだ本。ヴァーチャルと現実の世界が混同して、殺人を繰り返すコードネームPHATE。カリフォルニア州警察のコンピュータ犯罪担当部は、PHATE に対抗するため、刑務所に収監されている天才ハッカー、ワイアット・ジレットを一時的に釈放し、協力を依頼する。サイバーワールドを知り尽くした2人の周囲で、息をつかせぬスピードで次々と事件が起きるが、いつもあと一歩という所でPHATE の正体不明のパートナーShawn の助けが入って取り逃がしてしまう。同じコンピュータに憑かれた2人が、一人は闇の世界、もう一人は再生への道を歩む姿が対照的で、特にラストがいい!この本を読み終わってすぐ、会員登録しているサイトのパスワードを、どれも似たようなものにしていたけど、すぐにそれぞれ全く別の物に変更した。それほど個人情報管理は脆弱なのだと考えされられた内容の本だった。★6個あげてもいい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: Crime
感想投稿日 : 2005年4月18日
読了日 : 2005年4月18日
本棚登録日 : 2005年4月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする