開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)

3.96
  • (10)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 8
著者 :
UMAさん 社会開発   読み終わった 

「援助」という一方的な贈与がいかに不自然な行為であるか。
”先進”国は”途上”国を遅れた存在として決め付けてしまっていないか。
「よそ者」が現地の実情をよく考慮せずに行う援助は、逆に途上国を傷つけてしまう。

そんな事を考えさせられた一冊だった。

開発援助を社会学的に捉えなおすという本書の内容はわかりやすく、読みやすい。
開発援助に関わろうとする人であれば、一読の価値はあると思う。

レビュー投稿日
2010年3月21日
読了日
2010年3月21日
本棚登録日
2010年3月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO...』のレビューをもっとみる

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)』にUMAさんがつけたタグ

ツイートする