教養としての歴史問題

3.86
  • (7)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 150
レビュー : 10
1344995番目の読書家さん  未設定  読み終わった 

うーん、戦争とか植民地主義とか、正直まともに向き合ってこなかったから、この本でそれぞれの人たちが言うところの歴史修正主義がどういうものかよく知らないので、内容については何も言えない。

小林よしのりとか百田尚樹とか、名前の知られている人たちはこの本では歴史修正主義者ということなんだろうか。

学界と在野の研究家が対立することなくやっていけば、結局のところいいのになと思ったが、ことはそんなに簡単ではないのだな。

レビュー投稿日
2020年12月28日
読了日
2020年12月28日
本棚登録日
2020年12月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教養としての歴史問題』のレビューをもっとみる

『教養としての歴史問題』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする