教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)

3.40
  • (6)
  • (14)
  • (24)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 22
d0se1sannさん  未設定  読み終わった 

今の日本の教育格差について、著者二人が対談形式で論じる。特に印象的なのは、日本の階級が固定化されてきているという事実。今の社会的格差は江戸時代よりもひどいとも言えるそうだ。一度落ちたらそこから這い上がるのが難しい現代の日本。それをいかに乗り越えていくか、そのヒントが書かれた本。

レビュー投稿日
2012年1月22日
読了日
2011年12月12日
本棚登録日
2012年1月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾...』のレビューをもっとみる

『教育格差の真実‾どこへ行くニッポン社会‾ (小学館101新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

森永卓郎の作品一覧

森永卓郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする