完全版 アンネの日記 (文春文庫) (文春文庫 フ 1-2)

  • 文藝春秋 (1994年4月1日発売)
3.89
  • (46)
  • (29)
  • (51)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 617
感想 : 44
5

最初の方は、アンネはおてんばでお喋り好きなトットちゃんのような女の子だという印象を受けたけれど、読み進めていくにつれて、アンネがユダヤ人であるというだけで背負わなければいけない多大な困難がだんだんと見えてきた。
ユダヤ人が外に出ることもできずに、怯えながら隠れ家に閉じこもるということが現実に起こっていたと考えると戦争と人種差別の恐ろしさにゾッとする。
読んでよかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年1月8日
読了日 : 2022年1月8日
本棚登録日 : 2022年1月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする