白の鳥と黒の鳥 (角川文庫)

3.34
  • (32)
  • (69)
  • (145)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 867
レビュー : 71
dadanekochatさん  未設定  読み終わった 

ファンタジーな色合いの中に、毒々しさが混じる短編集。
いしいさんの作品の中では、全体的にはそれほど良いとは思えなかったが、「緑春」と「紅葉狩り顛末」がすごく好き。

あと、春日武彦氏の解説も「おお、その通りだ」と思えて良かった。

レビュー投稿日
2014年6月27日
読了日
-
本棚登録日
2014年6月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白の鳥と黒の鳥 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『白の鳥と黒の鳥 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『白の鳥と黒の鳥 (角川文庫)』にdadanekochatさんがつけたタグ

ツイートする