アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)

3.95
  • (4)
  • (11)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 10
制作 : エイ出版社編集部 
daheneiさん    読み終わった 

灰谷謙二郎氏がお亡くなりになって追悼という形で単行本化された本。
タイ
ベトナム
フィリピン
ミャンマー(ビルマ)
ラオス
ネパール
中国
インド
パラオ・ペリリューの旅についての記録です。

 灰谷氏は、1984年に内モンゴルの草原に友人の遺骨を埋めるために降り立ったそうなのですが、北京、上海などを旅して貧富の差が激しい中国を垣間見て、軍人や官僚、外国人には特別な待合室があるのに、一般民衆には通路にすし詰めだったりするというような具合に横暴さを感じて嫌いになったそう。ですがこの企画でアモイを旅することになり、客家土楼などを旅する。
 この書籍は石川文洋氏の写真が素晴らしいです。

レビュー投稿日
2012年9月20日
読了日
2012年9月20日
本棚登録日
2012年9月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼ...』のレビューをもっとみる

『アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『アジアを歩く―灰谷さんと文洋さんのほのぼの紀行 (エイ文庫)』にdaheneiさんがつけたタグ

ツイートする