贖罪〈上〉 (新潮文庫)

3.96
  • (71)
  • (52)
  • (63)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 570
レビュー : 52
制作 : Ian McEwan  小山 太一 
dai-4さん 現代小説   読み終わった 

”アムステルダム”が素晴らしかったんで、それならばということで手に取ったマキューアン作品。兄が帰ってくる期待とか、従兄弟との諍いとか、隣人と姉の葛藤とか、とかく比喩表現の連発で緩やかに進行する前半、正直ちょっとかったるく思えたりもしました。いざ兄が帰って来てから、引きこもる母が登場したり、従兄弟が派手な喧嘩をしたり、徐々に不穏な気配が高まっていく。その果てに起こる暴行事件。いかにも冤罪。”贖罪”というタイトルの意味が浮かび上がってくるであろう後半戦、その展開に期待しつつ、心して読ませていただきます。

レビュー投稿日
2018年3月12日
読了日
2018年3月11日
本棚登録日
2018年3月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『贖罪〈上〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする