マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)

4.08
  • (152)
  • (200)
  • (83)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 1349
レビュー : 96
著者 :
dai-4さん SF   読み終わった 

世界の仕組みがだんだんはっきりしてきて、それに応じてのめり込めるようになってくる第2巻。楽園内部のシーンは印象的で、イルカやサメが宙を舞う幻想的な情景に癒されるけど、化け物の出現で叩き壊される。で、後半の舞台は、いよいよ核心に近付いた感のあるカジノ。腹の探り合いとかスリリングなんだけど、その薀蓄を含めた描写が、どうも冗長に感じられてしまいました。女主人公の性能とか、ネズミとの相性とか、印象付けるために必要な展開かもしれないけど、それにしても…と思ってしまいました。残るは下巻。怒涛の展開を期待してます。

レビュー投稿日
2016年9月28日
読了日
2016年9月27日
本棚登録日
2016年9月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マルドゥック・スクランブル The 2n...』のレビューをもっとみる

『マルドゥック・スクランブル The 2nd Combustion 〔完全版〕 (ハヤカワ文庫JA)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする