新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)

3.95
  • (585)
  • (461)
  • (615)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 4587
レビュー : 274
著者 :
dai-4さん 歴史小説   読み終わった 

これを言ってしまうと元も子もないのかもしれないけど、そもそも秋山兄弟と正岡子規を、敢えて一つの作品にまとめる必然性って、果たして何なのでしょう。そんなに交流が深かったようにも思えないし、同時代を生きた同郷の人物っていう以上の意味合いが、正直見出せないのです。そうこうしているうちに、まだ物語の序盤だというのに、子規は早々と退場してしまったし。もっと言うと、日清戦争の描写にしても、ところどころ件の兄弟の話題も交えつつ、総合的には色んな人物を登場させながら進めざるを得ない訳で、いっそ主人公なしでも良かった気がしなくもないのです。もちろん、筆者の中でも名作の誉れ高いだけはあって、物語そのものは面白いと思うのですが。これから先の展開についても、そこまでワクワクしない自分がいるのも、これまた事実なのであります。

レビュー投稿日
2015年9月24日
読了日
2015年9月20日
本棚登録日
2015年9月24日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『新装版 坂の上の雲 (3) (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする