オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)

3.34
  • (12)
  • (46)
  • (52)
  • (12)
  • (7)
本棚登録 : 464
レビュー : 60
著者 :
dai-4さん 現代小説   読み終わった 

といいつつ、早速辛い評価をしてしまっている訳ですが(苦笑)。「屍者の帝国」は、あくまで伊藤ケイカクの作り上げた世界観があったからこそ、傑作に仕上がったんですね、きっと。もちろん円上塔に、突拍子もない発想を十全に広げる力があるからこそなんでしょうが、少なくとも本作は、そんな期待を満足させてくれる内容とは言い難かったです。正直、難しくて理解出来ていないだけって言われればそれまでなんですが、いかんせん物語が… 読み進めるのがちょっとしんどかったです。ちなみに表題作で力尽きてしまい、もう一方の作品は読めませんでした。当然、ここのコメントも表題作に対してのものです。

レビュー投稿日
2016年9月21日
読了日
2016年9月21日
本棚登録日
2016年9月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『オブ・ザ・ベースボール (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする