座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)

3.39
  • (51)
  • (117)
  • (263)
  • (31)
  • (3)
本棚登録 : 1034
レビュー : 137
著者 :
dai-4さん 新書   読み終わった 

クラシックとか、いわゆる名作偏重みたいな感じがちょっと…って感じだけど、実際、時代に揉まれて生き残ってきた名作たちはそれ相応の価値があるのでせう。ゲーテのことばにしても、現代でも色褪せず、十分応用がきくと思える発言も多かったし。自分の座右の銘とか、イマイチ曖昧だけど、こういう書の中から見つけ出していきたいものですね。

レビュー投稿日
2013年5月7日
読了日
2013年5月6日
本棚登録日
2013年5月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く...』のレビューをもっとみる

『座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)』にdai-4さんがつけたタグ

ツイートする