老いてこそ人生 (幻冬舎文庫)

3.23
  • (1)
  • (8)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 8
著者 :
daidai105さん  未設定  読み終わった 

「人間は30になると突然走りだすものです。」
丁度僕自身が、30で最近なぜだかジョギングを始めていたので、この本の始まりにはドキッとさせられた。そして自分では、はっきりと意識してないジョギングを始めた理由を言い当てられた気にもさせられる。ここで書かれている「老い」は、肉体的なピークを18-24、5才位とすれば、それ以降のすべての世代が感じていることだ。だから、30才の自分にもリアルに実感できる内容だった。

レビュー投稿日
2012年2月14日
読了日
2012年2月14日
本棚登録日
2012年2月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『老いてこそ人生 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『老いてこそ人生 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする