僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

3.91
  • (50)
  • (63)
  • (46)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 824
レビュー : 63
著者 :
daigaku-63さん 働く   読み終わった 

共感・納得ポイント:インターネットで知識獲得コストが激減した例がレアジョブ(フィリピン大学の学生とのスカイプ英会話)。何がコモディティとスペシャリティを分けるかを理解し、スペシャリティな唯一の人になる。起業したい分野の会社に入るとそれがわかる。顧客が共感できるストーリーで差異を作るのが生き残るマーケター。自分の頭で考えない人はDQNビジネスのカモにされる。自分で調べるひと手間が大事。FXは中産階級向けパチスロ的。イノベーションは新結合、TTPと逆発想。リベラルアーツで幅広く学ぶと、物事を多様な角度から批判的に考える力、問題発見と解決能力、多様な人とのコミュニケーション能力、深い人格等が身につく。
違和感ポイント:「英語、IT、会計知識」の勉強は、「人に使われるための知識」とあるが、ベースがあれば使われないための武器になると考える。

レビュー投稿日
2017年10月11日
読了日
2017年10月11日
本棚登録日
2017年10月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャ...』のレビューをもっとみる

『僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする